進学塾で働く講師の役割とは

進学塾で働こう

塾にも様々な種類があり、通う子供たちも何かしらの目的を果たすために特徴のある塾に通って勉強をしています。多くの子供たちが次のステップに向けて進学するために、入試対策に特化している進学塾に通っています。自分の志望校に合格するために、普通の塾よりもより合格に向けて学習に取り組むことができるのが進学塾の特徴です。

学習塾には進学塾と補習塾があります。目的を持って進学を叶えるため、試験対策をすることに特化しているのが進学塾の特徴です。学校の成績を上げたいというだけで進学塾には通いません。そのような場合に通うのが、補習塾と言われる塾になります。必ず受験に合格するために必要な学習指導をするために、塾の講師もそれぞれの生徒の夢を叶えてあげるために、志望校に合格するために進学塾のスタイルで指導をしなければいけません。

進学塾でも大きく分けて集団塾と個別指導塾に分けることができます。講師の技量によって多くの生徒に対してしっかり伝えることができる講師もいれば、個別に少人数でしっかり勉強の指導をするのが得意な講師もいます。それぞれの進学塾のスタイルを理解することで、自分がどのような塾で講師として生徒と向き合っていくかを理解することができるようになります。

当サイトでは進学塾で働く講師の内容をまとめています。それぞれの塾の特徴を知りながら、自分が働きたい進学塾で働けるように理解していただける内容となっています。