進学塾で働く講師の役割とは

志望校に合格させる

進学塾は受験指導をする塾です。学校の成績の向上に向けて指導する塾とは異なります。進学塾で働く講師は、毎年の受験対策の傾向を理解しながら、個々の生徒が必ず志望校に合格することができるように分りやすい授業を通じて理解してもらう必要があります。傾向と対策があるからこそ、塾講師も同じ内容を毎年指導するのではなくて、その都度授業内容を組み立てながら、それぞれの志望校の難易度に応じて授業を提供します。

生徒によって志望校が違います。さらに学習意欲や理解能力も異なります。生徒の人数が多くなるほど、それぞれの状況を把握するのが大変になってきます。しかし、多くの生徒を志望校に合格させてあげることにやりがいを感じることができるのも進学塾で働く塾講師の魅力の1つになります。自分が受け持つクラスの生徒全員が志望校に合格することができるように指導するところに進学塾で働くメリットがあります。

様々な塾がある中で、生徒を志望校に合格させてあげるために指導する進学塾の講師はやりがいを感じて仕事をしている人が多いです。様々な思いで塾講師をしている人がいますが、生徒と一緒になって目標に向かって授業を教えてあげることができる進学塾の講師は魅力的です。