進学塾で働く講師の役割とは

正社員とバイト

進学塾で講師として働きたいと思ったら正社員とアルバイトで会社に入社する方法があります。本格的に社員として入社して塾講師としてバリバリ働きたいと思っている人もいます。反対に大学生などはアルバイトで塾の講師として生徒に勉強を教えています。それぞれのスタンスが異なりますが、アルバイトであっても人気講師になる可能性は十分にあります。

勉強を学びに来ている生徒にとって、講師が正社員であってもアルバイトであっても、自分が理解することができるようにしっかり教えてほしいと思っています。だからこそ塾を運営している会社も、正社員でもアルバイトでも、分りやすく教えてあげることができる講師を採用したいと考えています。

進学塾で講師を採用する場合、正社員とアルバイトでは待遇が異なります。正社員の場合は月給扱いで福利厚生も充実しています。アルバイトの場合は時給やコマ数で給料が決まり、正社員ほど福利厚生も充実していない場合もあります。アルバイトで塾講師として子供たちに勉強を教えて実績が出れば、正社員にステップアップすることもできます。いかに子供たちと真剣に向き合って勉強を教えてあげることができるかが重要なポイントになります。